SLOW(スロウ)のFACTORY

SLOW(スロウ)おすすめのカバン

SLOW(スロウ)のFACTORY

カバンに少しこだわりを持っている人の間で今話題になっているSLOW(スロウ)ですが、その魅力を知るうえで欠かせないのが手作り感のある丁寧な作業です。
そこでここではSLOW(スロウ)のホームページにも記載されているFACTORYの内容についてお伝えしていきたいと思いますので、これを読んだ後には是非覗いてみてください。

SLOW(スロウ)のFACTORYには大きく分けて4つの項目があり、そこにはいかにこだわりを持って作られているかがわかりやすく掲載されています。
まずはじめに工房のページではSLOW(スロウ)の心臓部とも言える工房について書かれており、どのような環境でカバンが作られているのかがわかります。
工房はSLOW南堀江店の2階にあって、(SLOW FACTORY)と呼ばれており、ここでは新しい製品の打ち合わせが行われたり、サンプルを作って改良を重ねたりと職人さんたちが日々モノづくりに集中する場所になっています。

次に裁断のページでは主に製品に使われるレザーの型抜きに関する説明がされており、記載によると27トンの重みをかけて型抜きを行っているようです。
また必ずしもすべてを手作業で行うわけではなく、機械のほうが適切だと判断されれば柔軟に取り入れる姿勢も示されています。

そして手断ちのページでは職人の真髄を確認することができ、SLOWに使われる栃木レザーの扱いについて書かれています。
手断ちが熟練の技術によって施されることにより、SLOWの高いクオリティが保たれていると言っても過言ではないでしょう。

最後にミシンのページでは工房で使われるミシンについての記載があり、それによるとショップスタッフも職人からミシンの技術を学んでいることが書かれています。
このようにSLOWは職人だけが中心となってモノづくりをするのではなく、ブランドに携わる人全員がいいものを作りたいという情熱で支えられているのです。